退職代行ガーディアンとは?メリットやトラブルはあるの?

キャリアアップ

会社を辞めたいけどなかなか言い出せず、困っているそこのあなた

退職代行を利用してみてはどうでしょうか!

退職代行はおもに3つあります

・一般法人に退職依頼をする

・弁護士に依頼する

・労働組合を利用する(退職代行ガーディアン)

今回は色んな側面からこの3つを比較していきます

退職代行の料金

安い順から、

労働組合(ガーディアン)≦一般法人<弁護士

になります。

具体的には、

労働組合(ガーディアン) 一律29800円

一般法人(法人による)  3~5万円

弁護士          5万円~

となっております。

各退職代行業者のメリットとデメリット

退職代行ガーディアン

料金が29800円と安く、さらに労働組合なので、退職の意思を伝えるだけではなく、一般の退職代行会社ではできなかった交渉事(有給休暇の使用や残業代等の交渉)ができるようになります。

だから、万が一会社と退職時にトラブルが起こった場合でも対応をしてもらえます。

デメリットとして、もし裁判になった際、労働組合は弁護士のように裁判対応ができないということです。

労働組合は弁護士ではないので、交渉をすると非弁行為という違法行為になってしまいます。

一般法人

料金がピンキリで、時期にもよるが労働組合(ガーディアン)より安くなる場合もあります。

デメリットは、一般法人なので、裁判対応はおろか、様々な交渉事(有給の使用や残業代等)もできません。ただ退職の意思を伝えるだけしかできません。

しかも近年違法な退職代行政策をしている一般法人があり、それがニュースにもなっているので、安全面や退職の確実性、退職後のトラブル等を考えるとおすすめできない。

弁護士

弁護士の場合は、退職の意思を伝えることと交渉事ができることに加え、万が一裁判になったときでも代理人対応をすることができます。

デメリット料金が高いです。

まあでも、よほどのことがない限りは裁判は起こらないと思いますが。

関連記事会社を辞めたい!バックレたらどうなるのか

結論

人によってさまざまだと思いますが、やはり皆さんにオススメできるのは労働組合(ガーディアン)でしょう。

一般法人は違法退職代行の疑いがあるので、そんなもの皆さんにおすすめできません。

また労働組合は、一般法人とほぼ同じ料金で、めんどくさい交渉事もやってくれます。ただ、裁判対応までは違法になるからできない。

あなたが会社に対してヤバいことをして、裁判沙汰になりそうなら弁護士の方がいいでしょう。

ただ、大多数の人はそんなことないでしょうから、労働組合に退職代行するのをおすすめします。

退職代行ガーディアンとは

東京都労働委員会認証の法適合の法人格を有する合同労働組合です。

退職代行という労働問題において一般法人(株式会社など)と弁護士の強みを”唯一”持つ存在。

労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を”唯一”合法的に可能としてます。

ようするに、一般法人に代行を依頼する際のメリットと、弁護士に依頼する際のメリットを併せ持つ最強組織ということですね!

ガーディアンっていう名前も納得です!とても強そう!

詳しく知りたい方は、公式HPまでどうぞ

よくある質問

Q1.退職代行ガーディアンを使って退職に失敗したケースはあるのか?

A.数多くの相談を受けてきましたが、すべてのケースで退職に成功しています。退職代行ガーディアンで退職に失敗したケースは1件もありません。

Q2.退職代行ガーディアンで即日退職することはできますか?

A.即日退職可能です。民法では正社員の方は2週間前に退職の旨を伝える必要があると書かれていますが、会社が認めれば即日退職も可能です。多くのケースでは、退社を伸ばすと社会保険料がその分会社に掛かってしまうため、即日退社を認めるケースが多いです。万が一即日退社にならない場合でも、2週間の欠勤後に退社になるだけですので、退職代行依頼当日から出社の必要はございません。

Q3.退職代行ガーディアンを使うことで会社から訴えられたりしませんか?

A.数多くの相談を請け負ってきましたが、現在のところ会社から訴えられたケースは1件もありません。退職することは労働者の権利であり、なんら違法性はなく、脅し文句として訴訟をちらつかせることはあっても、費用と時間が掛かる訴訟を実際に行う企業はほとんどありません。

Q4.退職代行ガーディアンに依頼したのに自分や家族に連絡が来てしまったりしませんか?

A.退職代行時に会社には、ご本人や家族に連絡をしないように、しっかりと伝え、退職に必要な手続きに関する連絡も、必ず退職代行ガーディアンを通じて行うように伝えてますのでご安心ください。ただ、まれに会社が誤ってご本人や家族に連絡をしてしまうケースもありますので、100%保証はできないことをご了承ください。

Q5.職場に返すものや職場から持ち帰らなければならないものがあるのですがどうしたらいいですか?

A.保険証や制服など、職場に返す必要があるものは、まとめて郵送ができる状態にしておいてください。会社にある私物は会社からご自宅に郵送してもらえるよう、退職代行ガーディアンが代行してお伝えします。返すタイミング等については、退職手続きのときに詳しくお伝えします。会社との直接のやり取りは必要ありませんのでご安心ください。

退職代行ガーディアンのご利用方法

まず上にあるHPで、申し込みをしてください。

申し込みをすると、LINEを取得できます。

LINEからご相談

実際に依頼することが決まったらお支払い(クレカか銀行振込で)

支払い完了後、退職に必要な連絡・交渉を代行

退職が完了するまで、LINEや電話での相談は何度でも無制限で行います。

退職を考えている方は、検討の段階でも一旦相談することをおすすめします。相談はタダなので!

ここまで読んでいただきありがとうございました。

他の記事もぜひ読んでみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました